あきば大祭を支える人々インタビュー10/村上さん

インタビュー

やはり火渡り神事が、あきば大祭の中核なんだと認識


まずは自分の修行として参加しました。

前回はじめて役員さんたちと徳釈迦龍王の旗を持って松明行列に参加し、
最前線で火渡りを体感する機会がありました。

目の前の火と向き合うことで、一年間を振り返り、翌年に向けて改めて襟を正す。

やはり火渡り神事があきば大祭の中核なんだと認識する事ができました。

その経験をいかして、自分なりにあきば大祭の意義や、
火渡りの魅力を下の世代へと伝えていきたいと思います。
 
 

>>あきば大祭青年部ボランティア募集はこちら

 
 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧