火渡り神事について

1264

オール電化の時代に、なぜ危険な火を渡るの?

秋葉大祭は、福厳寺創建以降、秋葉三尺坊の大魔神力にあやかって1年のケガレを落とし、心身への火難を防ぐ願いを込めて行われてきました。 古来「火」は、人間を含む動物に恐れられてきましたが、同時に、万物の基ともされ、ケガレを浄化したり、高度な文明を発達させるきっかけともなり、私たちの生活に欠かせないものです。 しかし、消防が発達し、オール電化の時代となった現代であっても、依然として火の扱いを間違えたり、油断をすれば、全てを焼尽す恐ろしさを秘めています。 だからこそ、時々、火の恐ろしさをあらためて認識し、気を引き締める必要があります。

2つの火を制する

秋葉三尺坊の大魔神力は、物理的な火と同時に、心の火(欲望、嫉妬、怒り、ねたみ、恨み)など「怒りと貪り」の恐ろしさを知ってコントロールするように努めるところにその神髄があります。 仏教では、すべてのトラブルの根源には、 1:貪り(むさぼり:あくなき欲望) 2:怒り 3:無知 の3つがあると説きます。 036 お釈迦様は、出来るだけ早くそのことに気づき 「貪りと怒りと無知」を離れた生活を 送りなさいと教えました。 秋葉大祭はまさに、「祈祷」によって、その無知を離れて知恵を学び、「火渡り」によって、心の炎をおさめることの大切さを知る儀式なのです。 その意味で、福厳寺秋葉大祭は、人々に自分の心を振り返る機会と、啓発を与えるものとなることでしょう。

火渡り神事に参加するには?

  • 定められた時間に「火渡り神事整列場所」に整列してください。
  • 16時ごろより整列が開始されます。(係の者が案内します。)
  • 17時の梵鐘(寺の鐘)の合図と共に、たいまつ行列の後に続き、作法に従って順次福厳寺境内へ入場します。
  • 18時に火渡り祭場へ点火され、火伏の儀式のあと、火渡り神事が執り行われます。
※境内に入場できる人数には限りがあります。順次火渡りを行って頂きますので、山門外で待機される方は係の指示に従い、静粛にお待ちください。

火渡り神事に参加する際の【注意事項】

0851
  • 傘を持って、火渡りすることはできません
  • 体調の悪い方、妊婦、乳幼児は参加をお控え下さい。
  • 燃えやすい服装(個人の判断による)・ヒールの高いクツでの参加はできません。
  • 行列に並ぶ際は、ふざけたり、押したり、危険な行為は絶対にせず、 大祭役員の指示にしたがって、真剣に取り組んで下さい。
  • 火渡り神事出口付近での記念撮影やおしゃべりは危険です。 出口付近には停滞しないでください。
  • 火渡り神事中の事故、ケガや火傷等については一切の責任を負いません。 個人の責任のもと火渡り神事にご参加下さい。