ご寄付のお願い

line

1264

福厳寺は、四季折々に違った表情を見せる自然に恵まれた、東海地区屈指の名刹です。

私たちの心を癒し、ゆとりと安らぎを与えるとともに、仏教本来の教えである「生きていくための知恵」について語り合える寺として代々継承されてきました。

古くから受け継がれてきた、簡素で美しいお寺の建物や、境内の豊かな緑は、福厳寺のみで維持し続けられるものではありません。多くの皆様のお心のこもったご奉賛により、意義あるものとして行うことができると存じます。

ご寄付いただいた方々の全員のお名前は、福厳寺本堂に掲示し、永代帳に記載し、以後福厳寺の什物として永久保存いたします。ご縁のある皆様の、格別のご理解・ご協力をいただきますよう、よろしくお願い申しあげます。

ご寄付の内容、お申し込みは、下記の詳細を覧下さい。
また、秋葉大祭当日のご寄付は、大祭本部までお問い合せ下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

line

ご寄付の内容について—

ご寄付の内容は、下記の3つからお選びください。

1、奥山(おくやま)再生プロジェクト

img2

  • ご奉納料:1円〜
  • ご寄付場所:祭場の飲食ブースにて募金箱を設置しております。

人里近くにあって、人々の生活を支えてきた山を「里山」と呼び、その奥にある神々が住む山を「奥山」と呼びます。

古来日本人は、奥山には神々が住んでいらっしゃるとして、そこには決してむやみに立ち入らず、従って豊かな自然が破壊されることなく守られてきました。ところが近年の都市化に伴って、福厳寺の奥山は環境破壊の危機にさらされています。

かつて福厳寺の奥山には、豊かな水が湧き出て小川を作り、そこにはオオサンショウウオが住んでいました。山にはキツネやタヌキといった小動物が遊び、木々の間には様々な種類の鳥達がさえずっていました。

現在、その奥山の自然が弱りつつあります。周囲の環境の劇的な変化、不法投棄、不法侵入、動植物の乱獲などにより、山が活力を失っています。今後は、ツリードクターなどの専門家を招いて山林を整備、間伐、植林をし、後世に向けて奥山を守っていきたいと考えています。
line

2、幟旗(のぼりばた)提灯(ちょうちん)

img22

  • ご奉納料:各3千円
  • ご寄付場所:「ご寄付受付所」にて受付をお願い致します。

【幟旗】お正月を過ぎるまで、毎日継続してお飾りします。

「願い」や「祈り」は、心に思うだけでは叶いません。口に出し、手で文字に書き、身体に行動として現すことによって初めて叶うのです。参道にたなびくたくさんの幟には人々の願いが込められています。この機会にどうぞ、心を整え、姿勢を正して、あなたの大いなる祈りを幟に託して下さい。願いや祈りは、他の動物にはない、人間だけが持つ行為です。

【提灯】毎年秋葉大祭の日のみ、お飾りします。

仏教では古来、ローソクや灯籠、提灯などの光を、人生の暗闇を照らす「知恵」の象徴として大切にしてきました。どうぞこの機会に、あなた自身に、あなたの大切な人に、さらに生きとし生ける多くの命に、知恵と真心の光をお灯し下さい。

line

3、福厳寺550周年遠忌【一口山主(ひとくちさんしゅ)】

img1

  • ご奉納料:一口1万円〜
  • ご寄付場所:ご寄付受付所」にて受付をお願い致します。

【1万円以上のご寄付】境内に制作予定の芳名(ほうめい)板に記名をし、毎日の勤行時に無病息災、幸福繁盛祈願などを願ってお名前の読み込みをさせていただきます。

【10万円以上ご寄付】芳名記名、勤行での読み込みに加え、後ほど福厳寺住職による直筆の絵あるいは書を郵送いたします。

平成38年に福厳寺は創建550周年を迎えます。
小牧長久手の戦いの際、一夜城(いちやじょう)を築くために建物の「柱」を奪われたり、第二次世界大戦では「梵鐘(ぼんしょう)」をはじめとする鐘が奪われるなどはありましたが、歴史の中で一度も「火事」や「震災」による大きな被害を受けた事がないという霊験あらたかな寺です。
しかしながら、建物や什物などはやはり年代とともに朽ちてきますし、大きな震災に備えての改修工事なども必要です。また、福厳寺では、従来のような「葬儀法要(そうぎほうよう)」など「死者儀礼(ししゃぎれい)」を中心とした寺から、「テンプルステイ」や「座禅会」など、生きている人を中心とした寺に向けて、境内施設を充実させていく予定です。つきましては、縁あって福厳寺に足を運んで下さった皆様に広くご寄付を募り、550周年の遠忌事業(おんきじぎょう)として、境内施設、環境作りに役立たせていただく所存です。

line

ご寄付の方法について—

【大祭当日のご寄付】

大祭当日は、ご寄付専用の案内所を設けております。下のマップを参照していただき、案内所までお越しください。

事前に申し込み用紙にご記入いただくことも出来ます。
こちらの用紙を印刷してください。

keidai

【銀行振込によるご寄付】

  1. FAX申し込み用紙を印刷して、必要事項をご明記ください。
  2. 0568-79-8265(福厳寺)へご送信ください。
  3. 寄付金を下記の口座へお振り込みください。
  4. 後日こちらからのご連絡をお待ちください。
尾張中央農業協同組合 大草支店
口座名 秋葉三尺坊本殿
普通預金 口座番号 0084340

※FAX申し込み用紙と、振込名義は同一人物でお願い致します。

linetop001top002top003